2014-09-09(Tue)

十五夜の月暈

昨日は十五夜でした、皆さんはご覧になりましたか?

足利の写真倶楽部添削で、10時半に自宅に戻ったら空に、見事な月暈が出ていました

これは撮影しなければと EOS5DⅡに15mm魚眼で撮影しました。

月暈(つきかさ・げつうん)と呼ばれる大気光学現象です

このような暈(かさ)は、太陽や月に薄い雲がかかった時に見られることがあります。太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生し、太陽から半径が約22度の円として見られます。(内暈のとき。約46度の円として見られる場合は外暈といいます。) 肉眼では白く見えることが多いですが、この写真では虹のように写っています(内側が赤)。

上と同じようなものに日暈(ひのかさ)があります、虹の一種です
こちらの方が見る機会が多いですね、少し高い山に上がると見るチャンスが多ですね
月傘はなかなか見られません、夜に出ることと満月のように強い光がないと見えません

今年の十五夜はラッキーでした (^_^)v

月暈ok

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんにちは~!

ichogoさんに教えてもらいました。
ブログを始められたんですね。
情報の更新が早いのは助かります。
頑張って続けてくださいね~(*^^*)

出来るだけ頑張ります(^o^)
プロフィール

塾長 HIROMI

Author:塾長 HIROMI
撮影会の情報や撮影場所の記事を
掲載していきます

カウンター(2014.11.7~)
最新記事
カテゴリ
山 (6)
海 (2)
月別アーカイブ
掲載画像
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR